亡くなった父の詐欺話から思わぬ展開へひろゆきが論破する

亡くなった父の詐欺話から思わぬ展開へひろゆきが論破する

亡くなった父の詐欺話から思わぬ展開へひろゆきが論破する

亡くなった父の詐欺話から思わぬ展開へ YouTube動画

ひろゆきへの質問

5年以上前に亡くなった父親の知人と名乗る人が突然「父親にお金を貸している返して」と、私達の家ではなく父親の実家に来たそうです。それで父親の義姉が全額払ったそうで「半分返してくれればいいよ」と義姉が母親に言ったみたいなんですけど、契約書や借用書など借りた証拠となるものが今の所無く、父親の知人と名乗る人とは義姉以外会ったことが無いので払う義務があるのか疑問なんですけど、ひろゆきさんはどう思いますか?

ひろゆきの回答

払う義務無いですね
そもそも個人間のお金の貸し借りであれば
5年だと時効だと思うので
なので本当に借りてたとしても
払う義務はないですねこれは単なる詐欺か
ひょっとしたら
義理の姉が
ちょろまかしてるかもしれないですね
どれぐらいの金額かわからないですけど
義理の姉しか会ってないっていうのが
ちょっと微妙な気がするんですよね
なのでちょっとお金をちょろまかしたくなった
義理の姉が話をでっち上げた可能性も有るのかなと思いました

ひろゆき動画のまとめ

★ いろんな可能性を考えよう

ひろゆきが論破する元動画

【ひろゆき】種を植える人が理解出来ない人々。La Gâtine Bruneを呑みながら。2021/03/11 J01

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする